mmm
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category:スポンサー広告
URL:http://yukio28.blog49.fc2.com/?overture" target="_new

Roentgen (2008/01/06)
0601082

ようやくのレントゲン画像
これは正面から前足を撮したもの




0601081

これは右前足



060108

で、問題の左前足
青い部分が肘にあたるところです。ちょっと小さくてわかりにくいけど、2本の腕の骨(尺骨と橈骨)に成長差があるため
上腕骨を支える肘の関節(凹部分)の隙間に違いがあるのがわかると思います。右前足は尺骨と橈骨とも均一な間隔になっている
けど、左前は尺骨と橈骨の肘での間が均一ではありません。これが内足甲状突起と言われるものだそうです。今回は尺骨の受け側
(凹み部分)の先端がこの成長差による骨への負担で折れたと思われます。欠片はだいたい5mm強位の大きさだったそうです。

メイはその欠片が間接に当たるのが原因で跛行していたので、間接鏡で欠片を取り出すのみとしたわけです。本来なら、
隙間の少ない尺骨を橈骨と同じ隙間にするために短く削らないと内足甲状突起の根本的な治療にならないとのこと。
ま~やらない理由は前に書いた気がするので端折ります。

・・・

・・・

そんなこんなで、術後1週目の抜糸の時には「これだけ元気なら大丈夫です」とお墨付きをいただき10日目には部屋の
中を走り出すようになっています。とは言っても、まだまだ痛いのでビッコはひいてますが・・・

先生からは術後3ヶ月は走ったりとか本格的な運動は禁止と言われているので、1回15分×3回の散歩でリハビリ中です。
しかしメイもストレスがたまるようで、おもちゃをブン回して暴れます。走らないように見張るのも、犬同様人間もストレス
がたまるものです・・・

ま~、経過は良好なので月末の1ヶ月後の検診でレントゲンがどうなっているかを楽しみにすることとします☆



↓はメイの内視鏡手術の模様。
前半に欠片が取れるのがわかると思います。後半はその周辺を綺麗に削っている様子です。



Category:dog / Trackback:0 / comment:0
URL:http://yukio28.blog49.fc2.com/blog-entry-345.html

*
URL:
Comment:
Pass:
 




Trackback
Trackback URL
http://yukio28.blog49.fc2.com/tb.php/345-9afb2a28


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。